GREENBOWL

menu

夏の疲れの一掃と秋バテ解消にお勧めしたいのが、味噌を使った料理です。大豆に塩と麹を入れて発酵させてつくる味噌は、消化のよいたんぱく質や酵素を含んでいます。日常的に摂ることで腸内環境が整って代謝がよくなり、身体が温まります。体温が上がると血流もよくなり、体調を整えることに繋がります。

身体に良い理由02

秋限定の「肉みそとししとう、カボチャピクルスのグリーンボウル・ラップグリーン」も、味噌の働きに注目した一品です。風味豊かな肉味噌に、ししとうとカボチャのピクルスを合わせています。味噌は山梨県の地味噌、米麹と麦麹を合わせた「甲州やまごみそ」を選びました。 肉味噌には、エネルギー代謝を補助し、疲れをとるのに役立つビタミンB1を多く含む豚ひき肉を使い、身体を温める作用のある生姜も加えました。生姜に含まれているジンゲロールという成分は、熱を加えるとショウガオールに変化し、身体を内側から温めてくれます。また、ししとうに豊富に含まれるビタミンAやCといった抗酸化ビタミンも、疲れた身体を整えるために大切です。

身体に良い理由02

同じく季節限定の「ナスときのこの味噌マリネ、紅芯大根のグリーンボウル・ラップグリーン」もぜひ召し上がってみてください。ナスは夏のイメージがありますが、実は1年のうちで最も美味しいのが秋。火を通して調理することで、身体を冷やさずに美味しく食べることができます。 きのこには、エネルギー代謝を助けるビタミンB群や、身体の抵抗力を高めるビタミンDが豊富です。βグルカンという食物繊維も含んでおり、腸内の善玉菌の増加を促します。また、ナスの皮にはポリフェノールの一種・ナスニンが多く含まれます。この成分も抗酸化物質であり、美容や健康の維持には欠かせません。まだまだ夏バテが解消できないという方も、涼しくなってきて秋バテぎみかも、という方も、味噌を使ったGREENBOWLの秋限定メニューで、おいしく体調を整えていきませんか。

(管理栄養士 沼野智香)

back